毎年この時期には、インフルエンザが猛威を震います。 年々、形態を変化させるインフルエンザウィルスは強くなり、抗生物質耐性菌に変化するのも時間の問題ではないかと危惧されています。 各地で、学級閉鎖等になっている所もあるそう …
保育とは読んで字のごとし、育む事を保つです。 人間は、腸から栄養分と水分を吸収し60兆個の各細胞へ血液を介して供給しています。 腸管免疫が全体の80%にも及ぶであろうと言われる中、 大元の腸内環境が荒れると、生命維持機能 …
  私達の腸内環境には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌合わせて約100兆個の菌が介在しています。 この種類は、人それぞれお顔が違う様に、腸在菌の種類も違うと言われます。 これは、人種によっても違う事が分かってきました …
このどちらも腸内フローラが荒れて、起こると言われます。 ロから入った、大量の高たんぱく食品、高脂肪、グルテン等が腸壁に付着すると絨毛突起が破壊されて、人は栄養の吸収、蠕動運動がおろそかになります。 そして、自律神経も乱れ …
  例えば、アレルギー体質、肥満体質、肌荒れ体質、怒りっぽい体質?!etc。体質改善とは、腸内環境の改善に他なりません。 善玉菌を増やせば、イライラも収まるかもしれませんね。 あなたの腸在菌達は、ご機嫌ですか?
PAGE TOP