保育とは読んで字のごとし、育む事を保つです。 人間は、腸から栄養分と水分を吸収し60兆個の各細胞へ血液を介して供給しています。 腸管免疫が全体の80%にも及ぶであろうと言われる中、 大元の腸内環境が荒れると、生命維持機能 …
  私達の腸内環境には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌合わせて約100兆個の菌が介在しています。 この種類は、人それぞれお顔が違う様に、腸在菌の種類も違うと言われます。 これは、人種によっても違う事が分かってきました …
  例えば、アレルギー体質、肥満体質、肌荒れ体質、怒りっぽい体質?!etc。体質改善とは、腸内環境の改善に他なりません。 善玉菌を増やせば、イライラも収まるかもしれませんね。 あなたの腸在菌達は、ご機嫌ですか?
午前中は、排泄の時間と言われます。 日本人の約50%が便秘症と言うデーターがあります。 出ているから大丈夫と言う事ではなく、量、質、形状、臭い等も大事な要素です。 小腸、大腸が荒れてデトックスが滞ると様々な不具合が発生し …
今、良い睡眠がとれている人が減ってきていると言われます。 眠りが浅い、睡眠不足、すぐ目が覚める等々。 睡眠は、自律神経と密接に関係があります。 そして、その自律神経も腸内環境が大きく作用しています。 良い睡眠がとれるのは …
PAGE TOP