世界中を見渡しても日本人程この100年で、ここまで食生活が変わった民族は居ないと言われます。

腸内フローラマイスターの橘 美はる です。

元々、稲作農耕民族で粟等雑穀米と野菜で生きてきました。

その食生活に適した腸在菌が、居ついたとも考えられます。

しかし、劇的に食が欧米化しそれに適応出来る腸内環境を持っていない私達は、あらゆる不調を抱える事となったのです。

花粉症やアトピーは諸外国には本当に少なく、今や2月3月のマスクの日本人の多さに海外からいらした方々は驚かれるのです。

 

大腸の汚れは、まずは便秘や下痢を起こします。
でもそれはまだ第一段階です。

1日3食であれば、2~3回はお通じがあって然るべきです。
そして、いつも下痢をしている方も腸内フローラが荒れていると言われます。

整腸作用を起こすのも、腸在菌達のお仕事です。

今一度、明治大正の頃の食生活を思いおこすのも良いでしょう。

なぜかって、その頃の日本にはアレルギーの方も少なかったそうです。

♡~~~~◇~~~~◇~~~~♡

次回のセミナーは3月14日(火)11時から13時に開催させていただく折となりました。
前回のセミナーの雰囲気はこちらから

http://biogenics-flora.com/2017/02/15/kinenkouennkai/